So-net無料ブログ作成
検索選択
2014ドラ ブログトップ

大好きだったドラゴンズが帰ってくる☆ [2014ドラ]

まるで盆と正月がいっぺんにやってきたような、そんな気持ち。
落合GM、谷繁監督、森繁ヘッド!!!!!
もう、嬉しくて嬉しくて、泣けてしまうくらい。
この文章を書いていても、まぶたが熱くなる、そんな感じ。


悔しかった、この2年。


落合監督の最後に、「これからも応援してくださいね」って言われたし。
チアドラちゃん達や、ドアラ、シャオロン、パオロンが居てくれたから。
選手は好きだから、応援できた。
でも、ナゴドに通うのは、本当に辛かった。
試合を観るのが、ツライ2年間だった。


大好きなものが壊されていく、そんな感覚の2年間。
それを見ているだけしかできない。


どう見ても、大事にして貰えてなかった。
勝つという方向性が見えなかった。
何のために野球をしてるのか、チームの方向性が見えなかった。
野球してればいいんじゃないの?とでも言われているようだった。
これが野球なの?って聞きたかった。


辛くてたまらなかった、そんな2年間がやっと終わるんだと思うと、本当にうれしい。


勝ちに飢えていた、というのも勿論あります。
でも、チームが勝つための努力を怠っているという事が辛かった。
落合監督があそこまでして、やっと巨人に競り勝つことができたのに。
なぜか胡坐をかいた練習、野球をしていることが辛かった。


本当に、このニュースにBクラスなのに優勝したような、我が家は騒ぎになっています。
とりあえず、落合GMと谷繁監督の就任を祝って、今日はスポーツ新聞を買い漁って、ケーキを買ってきました☆



てな訳で、辛くて写真をUPできなかった、落合監督のナゴドでの胴上げの試合を更新します。
落合監督中心で(笑)
それは、2011年11月6日、CS4戦目のヤクルト戦です。


001 6回のピンチです
001 6回のピンチです posted by (C)りょく

002 この試合、始めてのピンチ
002 この試合、始めてのピンチ posted by (C)りょく003 2アウト、ランナー相川、バッターは福地の場面。
003 2アウト、ランナー相川、バッターは福地の場面。 posted by (C)りょく004 吉見に、落合監督は何を話したんでしょう?
004 吉見に、落合監督は何を話したんでしょう? posted by (C)りょく005 ベンチでは、森繁コーチがブルペンに連絡中
005 ベンチでは、森繁コーチがブルペンに連絡中 posted by (C)りょく006 そして吉見は抑えました
006 そして吉見は抑えました posted by (C)りょく007 9回には岩瀬です
007 9回には岩瀬です posted by (C)りょく008 来シーズンにも見られる光景
008 来シーズンにも見られる光景 posted by (C)りょく009 ワクワクが止まらない
009 ワクワクが止まらない posted by (C)りょく



ヤクルトは館山と相川のバッテリー、中日は吉見と谷繁でした。
この試合に勝てば、日本シリーズに進出決定という試合でした。


ドラゴンズは1回、荒木のヒットと井端の犠打で2塁に送るも、森野とブランコが倒れて無得点。
4回に平田のヒットがあったのみ、ヤクルトは吉見にぴしゃりと抑えられ6回を迎えました。

この6回、相川にセンター前にヒットを打たれ、森岡は打ち取ったものの相川は進塁、館山にバントを決められ2アウト3塁というピンチになりました。
そしてバッターは当たっていた福地。
嫌な気分になるってなもんです。

そこに落合監督がマウンドに行きました。
監督がマウンドに行くことは、この頃には珍しい事になっていたので「大事な試合なんだ、大事な場面なんだ」ってことが見ているワタシにも分かるってもんでした。
ま、当然な場面といえますが。


「大したことは話していない」と、落合監督は言うでしょう。
でも、吉見はここを抑えました。
この間は、必要なんですよね。
監督が行くという事を、効果的に使っているんだと思うのです。
ベンチの様子も、ここ2年で見慣れている感じとなんか違う気がします。
ひいき目の気のせいかもしれませんけど(´∀`;)



そしてこの裏、四球を選んだ荒木をランナーに置いて、井端がレフトへの2ランHRを打つのです!!!!

ここでヤクルトはピッチャー交代で、館山から押本になるのでした。
吉見はその後、8回に宮本にヒットを打たれるものの、8回まで無失点で岩瀬まで繋ぐのでした。



こういう定番の(爆)の交代には、森繁コーチがマウンドに向かいます。
マウンドを均し、谷繁と待つ様子は2014年からまた見られるんだと思うと胸が熱くなります。
嬉しくてたまらないんです。



010 1点差に追いつかれ、更にピンチです
010 1点差に追いつかれ、更にピンチです posted by (C)りょく011 2アウト2塁でランナーが青木、バッターは4番畠山
011 2アウト2塁でランナーが青木、バッターは4番畠山 posted by (C)りょく012 あと1アウトの所で、交代です
012 あと1アウトの所で、交代です posted by (C)りょく013 審判にボールを貰います
013 審判にボールを貰います posted by (C)りょく014 あと1アウト!
014 あと1アウト! posted by (C)りょく015 浅尾が登場!
015 浅尾が登場! posted by (C)りょく
016 落合監督と谷繁、浅尾の打ち合わせ
016 落合監督と谷繁、浅尾の打ち合わせ posted by (C)りょく017 落合監督の野球が見たい!
017 落合監督の野球が見たい! posted by (C)りょく


9回は岩瀬、これが方程式の落合ドラゴンズ。
でも、川本に2塁打を打たれる所からスタートしてしまいました。
しかし、続く飯原、田中と三振で2アウトを取って、安心してしまったのでしょうか。
青木にヒットを打たれ、1点返されてしまいます。

1点差、ここで落合監督は動きました。
マウンドに行き岩瀬の腰に手を回し、労いながらも、ピッチャー交代です。
こういう時、勝つための非情の采配というのでしょう。

でも、まだチームには浅尾がいるのです。
この時、ピンチで浅尾のカードを切らずに、後悔はしないでしょうか??


ひとつ、「勝つため」という目標に向かって落合監督はチーム運営をしていると思えば、謎や考え方の疑問は無いと思うのですが。
ワタシは、モリミチ監督よりも分かりやすいと思うんですけどねぇ。
そういう意味では、この2年の野球は本当に難しかった。


青木がランナー2塁、4番の畠山がバッターです。
ヒット一本で同点に追いつかれる場面で、浅尾がマウンドに上がります。
3塁へのファールフライに打ち取り、ゲームセット!!!


018 3塁へのファールフライでゲームセット!
018 3塁へのファールフライでゲームセット! posted by (C)りょく019 嬉しい光景です
019 嬉しい光景です posted by (C)りょく020 こんな光景をもっと見たいです
020 こんな光景をもっと見たいです posted by (C)りょく021 勝つことが第一目標!
021 勝つことが第一目標! posted by (C)りょく022 はーい、並んで並んで!
022 はーい、並んで並んで! posted by (C)りょく023 勝ってこんなに素晴らしい☆
023 勝ってこんなに素晴らしい☆ posted by (C)りょく024 笘篠コーチとドアラ
024 笘篠コーチとドアラ posted by (C)りょく
025 早川コーチとドアラ
025 早川コーチとドアラ posted by (C)りょく026 シャオロンとパオロン、勝って嬉しいね♪
026 シャオロンとパオロン、勝って嬉しいね♪ posted by (C)りょく027 紙テープとドアラ
027 紙テープとドアラ posted by (C)りょく028 ほら、満員じゃないですか
028 ほら、満員じゃないですか posted by (C)りょく


勝利監督インタビュー
029 マウンド辺りに整列です
029 マウンド辺りに整列です posted by (C)りょく030 手を振る落合監督
030 手を振る落合監督 posted by (C)りょく031 嬉しそうな落合監督
031 嬉しそうな落合監督 posted by (C)りょく032 笑顔がぶれてしまった(´∀`;)
032 笑顔がぶれてしまった(´∀`;) posted by (C)りょく


表彰式も笑顔がいっぱい☆


紙テープがホントにキレイ。
嬉しくてたまんない、そんなファンの気持ちが飛んでいくんです。
色とりどりの紙テープに乗せて。


去年のCS、ホントにガラガラだった。
先行予約の意味なんか無いほど。
ワタシはナゴドの英智を見れるのが最後だからと、ひとりでやっぱり見に行こう!と当日チケットを買いました。
1ブロックがまるで自分の席でしたよ、本当に。
この時と全然違いました。
ファイナルシリーズじゃないっていうこともあるからかなぁ~?


ワタシはこの2年間、ジョイナスされてなかった。
でもその前の、落合監督時代は思いっきりジョイナスされてたんです。
こうやって、一緒に選手やマスコットのみんなと喜べること、どんだけ嬉しいか、
この2年間、味わえなかっただけに、思い出しただけで涎が出そうです( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう


来年の今頃はCSの戦い方について、スポーツニュースを見ながらケンケンがくがくしたり。
仕事を休むために、ひたすら働きまくっていたり。
紙テープの芯を抜くために、にぎにぎしていたり。
チケットのやり取りをしているんじゃないかなぁって、そんなことを思うと希望が出てきます。

幸せな気持ちになるんです。



落合監督の胴上げ
033 ドアラを先頭にグラウンド一周です
033 ドアラを先頭にグラウンド一周です posted by (C)りょく034 続く選手たちとシャオロン
034 続く選手たちとシャオロン posted by (C)りょく035 チアドラ2011のメンバー
035 チアドラ2011のメンバー posted by (C)りょく036 シャオやパオにも握手を求めてくれる落合監督
036 シャオやパオにも握手を求めてくれる落合監督 posted by (C)りょく


森繁コーチの胴上げ
037 こんな光景を毎年みたいね。
037 こんな光景を毎年みたいね。 posted by (C)りょく
038 ドアラもバク転頑張ってね!
038 ドアラもバク転頑張ってね! posted by (C)りょく


勝利を、日本一を目指しているチーム。
その中には、ドアラやシャオロンやパオロン、チアドラちゃん達まで、チームの一員として落合監督は見ていてくれました。
表彰の時にはドアラと楽しそうにしていたし、グラウンド一周の時にはシャオロン、パオロンと握手を求めに行ってくれました。
それが嬉しくてたまらなかった。
全て、まとめて、ひっくるめて、応援しているワタシとしては、そんなワタシが認めて貰えたように感じられるので。


糸井重里さんのコラムで、いや、対談だったかな?
一人前になるために10年かかるとする。
1日に3時間そのために費やすとして、約10000時間かかる。
その10000時間を早く来させるためには、集中しての10000時間が必要って話を読んだんです。
勿論、野球の話では無かったのですが。
いかに一日の時間を多くそのために集中して使えるかで、一人前になる時間が早くなるって話。

落合監督の練習は、その集中時間を作れって事なんだと思うんですよね。
そのくらい集中している人は、ふと気を抜いた時、周りにちゃんと優しくしていると思うんです。
集中してる時に、とやかく言われても相手はできなくても。
それが嫌だって言う人もいるでしょうけど。(いつでも相手しろって)

なんかふと、思い出したので書いてしまった(´∀`;)
ワタシの中ではふんわり繋がってるんですけど、ダンナ辺りには意味わかんないって言われるんだろうな(爆)
ワタシの思う事、大体ダンナには分かって貰えないんで。


とにかく。
落合GM、谷繁監督、森繁ヘッド、2014年からのドラゴンズをどうかよろしくお願いします!!!
ワタシ、一生懸命応援します!!!!
それが楽しみで仕方ないです。


仕事も家事も、ウキウキでできてます(笑)
ダンナともケンカしてません(爆)
何言われても、なんかつい、にやにやしちゃってます(≧▽≦)ゞでへ


白井オーナー、決断してくれて本当にありがとうございます!ヾ(≧∇≦*)ゝ
ドラマ以上に倍返し、10倍返しです。
スカッとしました。


さぁ、来シーズンは忙しくなるぞぉ。
オフに、お金と体力とお休みを貯めとかなくっちゃ~~~~~っ!!!
来シーズンは長いはずですもんね(笑)
がんばろうっ(*≧∀≦)ノ



ね!まおちゃん☆(畄w畄)
ね!まおちゃん☆(畄w畄) posted by (C)りょく チアドラ2013のメンバーにも味あわせてあげたい!

nice!(0)  コメント(0) 
2014ドラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。